症状を見逃さない|ペロニー病は早期発見をすればスムーズに治療できる

ペロニー病は早期発見をすればスムーズに治療できる

看護師

症状を見逃さない

女医

近年、若者の感染が増えてきているのが、梅毒という性感染症です。この病気は初期症状に気付きにくいこともあり、発見が遅れることが多い病気と言われています。病気が疑われるような初期症状が現れた場合は、すぐに検査と治療を行いましょう。この病気は非常に感染力が強い病気として知られています。一回の性行為では、15パーセントから30パーセントの確率で感染してしまうのです。初期症状に気付きにくいと説明しましたが、初期症状で気付く方は女性の場合であれば約半数、男性では三分の一程と言われています。梅毒は感染してから3週間から3ヶ月程の期間を第一期と言い、吹き出物等が出るのです。トレポネーマが侵入した部位、一般的には口唇部や陰部、口腔内に小豆やえんどう豆程度の大きさの硬結ができます。痛みはないのですが、時間が立つと表面が軟膏のような硬性下疳になるのです。また、硬性下疳付近のリンパ節が肥大するのも特徴の一つでしょう。梅毒感染から3ヶ月後は第二期と呼ばれ、この段階になると病気に気付く方も多くなります。それは梅毒性バラ疹が現れるからです。全身に生じる淡紅色斑が見られます。また、粘膜班なども生じ、悪臭を放つのが特徴です。この時期が最も感染力が強いと言われています。治療しなくても、1ヶ月程度で粘膜班などは消失しますが、梅毒トレポネーマは体内に残っているので病気が治っている状態ではありません。感染してから3年から10年経つと腫瘍が発生します。こうなると鼻が落ちたりして命の危険を伴うので、早めに治療するのが大切です。