ペロニー病は早期発見をすればスムーズに治療できる

ドクター

症状を見逃さない

女医

近年、10代から20代の若者に増えてきている性感染症の一つが梅毒です。この病気は初期症状に気付きにくいという特徴があるので、初期症状について学び早期発見に役立てることが大切でしょう。

Read More..

治療方法とは

医者

ペロニー病は陰茎硬化症のことで、ペニスの後天的湾曲の原因にもなる病気です。30代から70代くらいの年齢の方に発症することが多い病気で、原因としては糖尿病や海綿体炎などとの関連が疑われています。基本的に陰茎海綿体などの白膜に硬い板状もしくはスジ状のしこりができるのです。しこりのせいで勃起時のペニスがしこり側に曲がってしまいます。勃起時に痛みを伴うこともあり十分な勃起を妨げ、発症する以前より陰茎が短くなってしまうのです。ペロニー病はペニスの湾曲やしこりを自覚し、すぐに治療する必要があります。泌尿器科などのメンズクリニックを利用すると良いでしょう。まず、医師による診療を行います。基本的に勃起時の硬度や発症時期、外傷について質問するでしょう。一般的にペロニー病の治療する場合は保存療法が用いられます。基本的に早期発見をすると、ペニスが湾曲している最中ということが多いのです。手術は行わずに内服薬の処方、ステロイドを局所に注射するなどの治療を行います。1年程保存療法を続けても効果がない場合は外科手術を行うのです。外科手術では、湾曲してる方向とは反対側の白膜を切除した後に、縫って縮めます。この治療はプリケーション法と呼ばれている方法です。また、移植法が用いられ、しこりを切除した上で真皮や静脈を移植します。基本的には数日程度の入院をする必要があるでしょう。ペロニー病の治療は早めに行うことでスムーズに治療することができます。自覚症状があれば、すぐにメンズクリニックで診てもらいましょう。

選び方

悩む婦人

基本的に新宿では性感染症などを発症すると、泌尿器科などのクリニックを受診します。その時に大切なのが、クリニック選びです。クリニックの選び方を覚えておきましょう。

Read More..

調べる方法

病院

近年、大きな問題となっているのが若者を中心に急増している梅毒です。早期発見をするためには専門のクリニックで検査をする必要があります。今回は感染症を調べる方法を見ていきましょう。

Read More..